電卓

入居時の保証人の準備に困ったときは保証会社の利用がおすすめ

保証会社を利用すれば連帯保証人が立てられなくても大丈夫

賃貸契約をする折に誰かに連帯保証人となってもらう場合、その人物には家賃債務保証を引き受けるに足るだけの経済的な余裕がなくてはなりませんが、すでに親御さんが退職をされて年金生活をしているケースやもしもの時に迷惑をかけてしまうという懸念から友人や知人に連帯保証人となってほしいと気軽に頼めないといったケースは多々あります。ただし、一般的に賃貸の物件においては家賃の滞納などの物件のオーナーが被ることになる経済的な損失を回避するために連帯保証人を立てることが入居の条件となっているのがほとんどです。そのため、賃貸物件に入居をしたいと思ってはいても、連帯保証人を立てられないばかりに入居を断念せざるを得ないケースも珍しくはありません。ただし、保証会社に補償金を支払うことで連帯保証人が立てられないといった問題は解消することができます。保証会社は賃貸物件への入居をする人の家賃債務保証を引き受ける代わりに保証料を支払ってもらうというビジネスを行っているので、保証会社を利用することは賃貸物件のオーナーや管理業者は従来の連帯保証人の代わりになるものとして歓迎しているからです。連帯保証人が立てられないとき、誰かに連帯保証人となってもらうのを頼むのが難しいというときには保証会社を利用してみてはいかがでしょうか。

recent contents

連帯保証人がいなくても保証会社を利用すれば賃貸物件への入居は可能

賃貸物件への入居の際には家賃債務保証を引き受けてくれる連帯保証人が必要になってきます…

連帯保証人が見つからないときには保証会社の利用がおすすめ

賃貸物件における連帯保証人は部屋を借りている人が家賃を滞納したり、退去時の原状回復費…

保証会社を利用すれば連帯保証人が立てられなくても大丈夫

賃貸契約をする折に誰かに連帯保証人となってもらう場合、その人物には家賃債務保証を引き…

アルバイトやパートでも保証会社を利用すれば入居審査に通れる

アルバイトやパートといった非正規雇用の方の場合には、勤務先の業績次第では労働時間を削…

update article

Site map

Copyright © 2019 入居時の保証人の準備に困ったときは保証会社の利用がおすすめ All Rights Reserved.